シニアビジネス

新聞・雑誌

まず、”通説”を捨てよ

通説、先入観、思い込みをどれだけ排除し、実際の顧客自身の声に丁寧に耳を傾けられるか。いずれもごく当たり前の話だ。団塊だからといってお手軽な攻略法はないということだろう
国際活動

シニアビジネス 多様性市場で成功する10の鉄則の韓国語版が出版

2005年12月に韓国で「シニアビジネス 多様性市場で成功する10の鉄則」の韓国語版が出版されました。村田の著書が海外で出版されるのはこれが初めて。記念すべき海外出版第一号です。
ネット

2007年問題という誤解!団塊・シニアビジネス「7つの発想転換」

シニアビジネスというカテゴリーにとどまらず、これからの企業のあり方は何か・・を考えさせられる深い洞察が心地よい。超~お勧め!
テレビ・ラジオ

毎日放送Voice 「イマ解き 団塊世代を狙え」でインタビュー出...

2006年1月27日 毎日放送 ニュース番組「Voice」 毎日放送の夕方のニュース番組Voice の「イマ解き 団塊世代を狙え」でコメンテーターとしてのインタ...
メディア

団塊定年 2年後に備えよ!定年起業「8つの心得」

”定年起業”の「8つの心得」を整理した。
新聞・雑誌

米シニアに広がるHOHO 夫婦それぞれ自宅で仕事

HOHOとはHis Office, Her Officeの略。会社を退職した夫、子育てを終了した妻が、各々のオフィスを家に持ち、自分の好きな仕事で、ある程度お金も稼ぎながら、余暇も楽しむ生活スタイル。
新聞・雑誌

中心市街地の元気をつくるシニアビジネスの可能性

市街地の活性化のために必要なのは、日本史上初の超高齢社会への移行に伴う情勢の変化を先読みし、人の賑わいの求心力をどう変えていくのかを正しく認識し事業に取り組むこと
新聞・雑誌

アクティブな団塊世代を取り込む日本版「退職者協会」への期待度

2005年7月21日 週刊ダイヤモンド 2005年7月23日号 パソナ、ベネフィットワン、東京電力中心に設立された株式会社NARPのモデルとされる米国AARPに...
新聞・雑誌

ビジネスチャンスを広げるシニアマーケットへの進出とその秘訣

新規分野への進出を効率的に達成するには、当該分野を「本業の付録」的な位置づけにせず、既存の収益部門と同等の優先順位とすること。②社内の実力者に新規分野の担当責任者として正面から参画してもらうこと。
新聞・雑誌

団塊ビジネスへのアプローチ法

「多様性市場(diverse market)への適応力」をもつことが、団塊ビジネス成功の要諦なのである。適応するために、どのような工夫が必要なのかを事例を挙げてお話しする。
新聞・雑誌

新事業開発:今年本気で取り組む企業のための狙いどころと戦略

どの企業でも、必ず新分野・新商品開発に取り組まなければならない。たとえ、現時点で既存の収益部門が好調だとしても。その最大の理由は、数十年前と異なり、現代が経済成熟の時代だからだ。
新聞・雑誌

シニア世代の心をつかむビジネスノウハウ

村田代表は、ビジネスチャンスを見つけるポイントを「不安・不満・不便」など『不』を解消する商品を見つけること」とアドバイスした。