『りそなーれ』
         りそなゼミナール−先読みシニアマーケット
 

「不」の発見がポイント − 顧客のクレームから事業機会を引き出す

 
  2004年5月号 第2回
村田裕之
経済成熟が生み出した大きな悩みに肥満がある。アメリカは、成人の61%に当たる1億2千2百万人が肥満予備軍または肥満症の「肥満大国」。

この裏返しとして多くの人がフィットネスクラブに通う「フィットネス大国」でもある。

このような状況で、ここ数年爆発的に店舗を増やし、急成長を遂げている「カーブス(Curves)」というフィットネスクラブがある。

専門誌アントレプレナーの最速成長フランチャイズの第一位で、世界最大のフィットネスとしてギネスブックにも登録された。

驚くべきことに、顧客の平均年齢は50歳。従来型クラブが25歳なのと対照に中高年が多い。

2002年の1月に変更するまで旧社名は「カーブズ・フォー・ウーマン」。実は、女性専用フィットネスクラブだ。いったい、どのようにして中高年女性の心をつかんだのか。

(本文より抜粋)

 

お問い合わせはこちら

 
 
 
Copyright© Hiroyuki Murata  All Rights Reserved