Ageing Asia Investment Forum (AAIF) 2011
 
  2011年4月4日〜5日
村田裕之

4月4日、5日にシンガポールで開催されたAgeing Asia Investment Forum (AAIF) 2011 で基調講演、パネル討論の議長および2日目の議長として参加しました。

今回のAAIFには18カ国から250人を超えるヘルスケア関連ビジネスの経営トップ、キーパーソンが一同に会し、各国の状況報告とディスカッションを行いました。

私は1日目の冒頭に「Japanese Insights on Business Opportunities: Creative Responses to the Ageing Societies」と題した基調講演を行いました。翌日のシンガポールの経済紙Business Times にこの講演でお話しした内容に関する記事が掲載されました。

私は初めてシンガポールに来たのは3年前に政府主導で開催されたSICEXで基調講演をした時です。それから3年経過し、アジア各国の高齢化に対する関心の高まりとその速さをつくづく実感しました。

2日目の議長挨拶において「Lessons from another crisis for the future of ageing societies」と題して、東日本大震災の現状と将来の社会の高齢化に対して学ぶべきことについてお話しし、支援を呼びかけました。

また、このAAIFには在シンガポール日本大使館の鈴木庸一特命全権大使もお越しいただき、日本に対する支援への感謝の気持ちを述べられました。

講演の様子はこちら

講演に関するThe Business Timesの記事はこちら

イベントの詳細はこちら

東日本大震災への支援についてはこちら

 

 
 
Copyright© Hiroyuki Murata  All Rights Reserved