本格化する高齢社会とシニアビジネスの可能性
 
  2009年5月19日
信州日経懇話会

5月19日に長野市のホテル国際21で開催される信州日経懇話会で「本格化する高齢社会とシニアビジネスの可能性」と題して講演します。

講演対象は日経新聞取引先の企業経営者の方です。

長野県は、現在日本で最も長寿の県として知られています。しかし、長野県が日本でも最も有業率(働いている割合)が大きく、高齢者医療費の少ない「元気な高齢者が多い」県であることは意外に知られていません。

世界一の高齢国家日本で最も長寿の県は、シニアビジネスの可能性が大きいといえ、そのためのビジネスヒントをお伝えします。

日経懇話会はこちら


 

 
 
Copyright© Hiroyuki Murata  All Rights Reserved