『シルバー産業新聞』
      半歩先の団塊シニアビジネス

 
「後半生のテーマ探し」でうまれる消費
 
 

2008年3月10日号 第13回

村田裕之
 

リタイア・モラトリアムの人は、今の職場を去った後に、いったい何をしようか、何が自分に向いているのかの探索に注力するようになる。前回触れた旅行などは、そういった「自分探し」のヒントや刺激を得る機会となっていく。

(中略)

情報収集型消費がひととおり行き渡ると、次は「文化体験型消費」に向かう。これらの消費の例として美術館・博物館巡りなどがある。ここで注目したいのは、美術館や博物館が、ゴルフなどの娯楽と異なるのは、文化的なものに触れるという色彩が強いことだ。だから、これまでは縁遠かったが、解放段階に達しているリタイア・モラトリアムの人が平日昼間に訪れる頻度が増えていくだろう。

(中略)

こうした文化体験を後押しする商品は、東京都以外でも工夫次第でいろいろ考えられるだろう。団塊消費を取り込む商品・サービスをつくるには次の二つが必要だ。第一に、団塊世代が置かれている心理的・社会的変化に対する理解。第二に、こうした環境におけるライフスタイルの変化に対する洞察である。

 

お問い合わせはこちら

 
 
 
Copyright© Hiroyuki Murata  All Rights Reserved