『シルバー産業新聞』
      半歩先の団塊シニアビジネス

 

リタイア・モラトリアム

リタイア・モラトリアムは団塊世代にとってチャンス
 
 

2007年12月10日号 第10回

村田裕之
 

いま、60歳で一旦定年退職した後も、再雇用されて働き続ける人が増えている。だが、こうした人たちの多くは、給料が半減し、役職も外され、年下の上司や同僚との心理的葛藤を抱えながら、年金の満額支給開始など経済的に支障のない時まで職場で過ごそうとしている。私は、このような状態で本当の離職(リタイア)まで過ごす期間を「リタイア・モラトリアム」と呼んでいる。

(中略)

というのはリタイア・モラトリアムでは、働き続けながら、自分周辺の同世代の多様なリタイア・パスを横目で眺めつつ、自分のリタイア・パスをいろいろと考えることができるからだ。つまり、リタイア・モラトリアムとは、多くの離職予備軍である団塊世代にとって「キャリア」から「リタイア」への“ソフトランディング期間”になるのだ。

(中略)

こう考えると、リタイア・モラトリアムは、年金満額受給までの辛く屈辱的な「忍耐の期間」では決してない。むしろ、「会社中心生活」から「個人中心生活」に心身ともに切り替えるための「有用な準備期間」として活用できるのである。

 

お問い合わせはこちら

 
 
 
Copyright© Hiroyuki Murata  All Rights Reserved