『シルバー産業新聞』
      半歩先の団塊シニアビジネス

 
「2007年問題」という誤解
 
 

2007年3月10日号 第1回

村田裕之
 

「2007年問題」という言葉が、相変わらずよく聞かれる。「2007年問題」とは、2007年から他の年齢層に比べて人口の多い団塊世代(1947年生れから49年生れの人)が一斉に定年退職することで発生すると思われる問題を指すらしい。

しかし、こうした考え方は、そもそもおかしい。なぜなら団塊世代は、07年に60歳になっても一斉には定年退職しないからだ。

(中略)

では、なぜ、こうした“誤解”が生まれるのか。その理由は、「団塊世代は大きな塊」という固定観念が根強いことにある。こうした「単純化」された固定観念に乗っかった商品・サービス提供者はことごとく失敗している。

 

お問い合わせはこちら

 
 
 
Copyright© Hiroyuki Murata  All Rights Reserved