メディア
プロフィール 活動 著書 メッセージ メディア 講演 ビジネスレビュー リンク リンク
トップページへ
村田裕之の学べるブログ
 
これまでの掲載実績
 
連載
異業種コンソーシアム関連
村田裕之関連
村田裕之メディア掲載 2007年
日本経済新聞 2007年12月16日号
日経シニア・ワークライフ・フォーラム2007
  大阪ではパネリストとして、東京では講演者として村田が参加しました。両会場では、団塊の世代を中心に500人近くの参加者があり、このテーマの関心の高さが感じられました。
週刊エコノミスト 2007年12月11日号
リタイア・モラトリアム書評
  村田の著書『リタイア・モラトリアム』が書評コーナー「Book Review 新刊」で紹介されました。
のんびる 2007年12月号
リタイア・モラトリアム書評
  村田の著書『リタイア・モラトリアム』が「編集後記」で紹介されました。
ハウジング・トリビューン 2007年11月9日号
インタビュー カレッジリンクがシニア住宅を変える
  特集記事において、日本初のカレッジリンク型シニア住宅を展開している村田がインタビューされました。
日本経済新聞 2007年10月30日/11月1日/11月3日号
日経シニア・ワークライフ・フォーラム2007 案内
  日本経済新聞社主催の「日経シニア・ワークライフ・フォーラム2007」が11月19日に東京・日本教育会館で開催されます。プログラム『「2007年問題」検証セッション』では村田が講演します。
月刊レジャー産業資料 2007年11月
リタイア・モラトリアム 書評
  村田の著書『リタイア・モラトリアム』が書評コーナー「ブックレビュー」で紹介されました。
トップポイント 2007年11月号
リタイア・モラトリアム 書評
  経営者、マネジメント担当者に多くの読者をもつ「トップポイント」の今日の一冊において、村田の著書『リタイア・モラトリアム』が紹介されました。
PHPほんとうの時代 2007年11月号
リタイア・モラトリアム 書評
  村田の著書『リタイア・モラトリアム』が「新刊案内」で紹介されました。
日本経済新聞 2007年10月14日号
リタイア・モラトリアム 書評
  村田の著書『リタイア・モラトリアム』が書評コーナー「読書」で紹介されました。
シルバー産業新聞 2007年10月10日号
リタイア・モラトリアム 書評
  村田の著書『リタイア・モラトリアム』が書評コーナー「本のご案内」で紹介されました。
All About 2007年10月7日
リタイア・モラトリアム 書評
  村田の著書『リタイア・モラトリアム』がオールアバウト「定年後の楽しみ方」(ガイド:工藤宇一)で紹介されました。
第69回全国都市問題会議 文献集 2007年
退職サラリーマンが「真の地域力」になるために必要なこと
  第69回全国都市問題会議「分権時代の都市とひと−地域力・市民力−」(主催:全国市長会、東京市政調査会、日本都市センター、静岡市、共催:全国市長会館)の文献集に村田が寄稿しました。退職サラリーマンが次の生活ステージを有意義に過ごすための準備のプロセスを提案しています。
月刊シニアビジネスマーケット 2007年10月号
リタイア・モラトリアム 書評
  村田の著書『リタイア・モラトリアム』が書評コーナー「Book & Media Guide」で紹介されました。
日経MJ 2007年9月21日号
石鍋仁美のマーケティングの「非・常識」 モラトリアムどう脱出
  村田の著書『リタイア・モラトリアム』が石鍋仁美のマーケティングの「非・常識」で紹介されました。
週刊ダイヤモンド 2007年9月29日
リタイア・モラトリアム 書評
  村田の著書『リタイア・モラトリアム』が書評コーナー「新刊フラッシュ」で紹介されました。
日刊工業新聞 2007年9月24日号
リタイア・モラトリアム 書評
  村田の著書『リタイア・モラトリアム』が書評コーナー「新刊」で紹介されました。
日本経済新聞 2007年9月21日号
朝日新聞 2007年9月22日号

第2回クラブ・アンクラージュフォーラム案内
  日本初のカレッジリンク型シニア住宅「クラブ・アンクラージュ御影」の開設に先立ち、「第2回クラブ・アンクラージュフォーラム」が10月10日、ホテルオークラ神戸にて開催されます。「21世紀の住まい方『カレッジリンク型シニア住宅』」と題して村田が講演します。
先見経済 2007年9月15日号
リタイア・モラトリアム 書評
  村田の著書『リタイア・モラトリアム』が書評コーナー「先見メディア探訪」で紹介されました。
seniorscopie.com 2006年3月20日号
コメントが掲載されました
  日経ウイークリー06年3月13日号掲載記事が、世界の多くの英文紙に引用されました。日本だけでなく、欧米でもベビーブーマーに対するビジネスが加熱していますが、人数が多いことにとらわれて大雑把な取り組みをすれば失敗すると村田が警鐘を唱えています。
保険毎日新聞 2007年9月10日号
リタイア・モラトリアム 書評
  村田の著書『リタイア・モラトリアム』が書評コーナー「新刊紹介」で紹介されました。
Webook of the Day 2007年9月4日号
リタイア・モラトリアム 書評
  村田の著書『リタイア・モラトリアム』が人気のメルマガ「Webook of the Day 今日の一冊」で紹介されました。
biznews 2007年9月4日号
「ビジネス新刊書籍ニュース」 リタイア・モラトリアム
  村田の著書『リタイア・モラトリアム』が「biznews ビジネス新刊書籍ニュース読書」で紹介されました。
日本経済新聞 2007年8月27日号
「リタイア・モラトリアム」あす発売
  村田の新著『リタイア・モラトリアム』が「日経からのお知らせ」で紹介されました。
季刊 企業経営 Suruga Institute Report 2007年7月 99号
米国サービス産業の潮流とそこから得られるもの
  特集「サービス産業の国際競争力」に村田が寄稿しました。「成熟市場」から新市場をつくった成功事例として、世界最大の女性専用フィットネスクラブ「カーブス」を紹介しています。
団塊マーケティング 2007年7月30日
電通発行の書籍「団塊マーケティング」に寄稿しました
  電通から発行された書籍「団塊マーケティング」に村田が寄稿しました。「団塊・シニアビジネスの未来」と題して20年先、2030年頃の「団塊・シニアビジネス」がどうなっているのか、その予感を述べています。
季刊 ひょうご経済 2007年7月 第95号
団塊ビジネスの壁を突き破る発想転換
  団塊世代を対象としたビジネスに取り組む企業が増えていますが、その多くが苦戦しているのはなぜでしょう?団塊ビジネスの「5つの壁」を突き破る発想転換の要点について述べています。
ASTEM NEWS 2007年7月 59号
アクティブシニア応援セミナーの開催について
  平成19年度 京都市地域プラットホーム事業として、シニアを対象に「アクティブシニア応援セミナー」が開催されました。基調講演第1部では、「超高齢社会における後半生のライフスタイル」と題した村田の講演が紹介されています。
日本経済新聞 2007年7月7日号
学びと暮らし 世代をつなぐ 大学連携型シニア住宅建設進む
  日本初のカレッジリンク型シニア住宅「クラブ・アンクラージュ御影」が紹介されました。事業連携している関西大学の奥純教授により、この事業の狙いや可能性、今後の課題などについて語られています。
NHK 2007年6月29日
ワンダフル東北 「東北大学100年 新たなる挑戦」に出演
  NHKの特集番組「ワンダフル東北」に村田が出演しました。創立100周年を迎えた東北大学では、全学部を挙げて高齢化社会に向けたスマートエイジングプログラムを推進しています。その取り組みについて紹介されました。
日本経済新聞 2007年6月18日号
歓迎 シニア世代
  少子高齢化時代の大学像として、カレッジリンク型シニア住宅が紹介されました。また、5月29日に開催された「第1回クラブ・アンクラージュフォーラム」の様子も紹介されています。
 
Selling to Seniors 2007年6月号
コメントが掲載されました
  日本は世界中のどの国よりも速く高齢化が進んでいます。日本で起きていることを知れば、高齢社会の未来が見えてきて、アメリカの人にも大いに役立つということについて述べています。
シルバー産業新聞 2007年6月10日号
高齢者にも「住まい」と「学び」フォーラム開催される
  来春オープンするカレッジリンク型シニア住宅「クラブ・アンクラージュ御影」をオープン前にもっと知ってもらうために「第1回クラブ・アンクラージュフォーラム」が開催されました。川島隆太教授の基調講演や村田のアメリカの実例報告など、フォーラムの様子が紹介されています。
毎日新聞 2007年5月25日号
大学と連携 学び、交流を 自立する力導く
  日本初のカレッジリンク型シニア住宅を導入したことが注目され、特集「おとなの住まい」で村田がインタビューされました。日米のシニア住宅の違いや、新しいタイプのシニア住宅の方向性について語っています。
T&D Hot Mail 2007年5月号
シニア市場は、多様なミクロ市場の集合体
顧客の「不」を解消することが成功への近道
  特集「マクロ経済ゼミナール総集編」。現代のシニアの消費行動やライフスタイル、価値観は多様化し、もはやひと括りにすることは不可能といえそうです。「現代のシニア」をテーマに、村田がインタビューされました。
高齢社会ジャーナル 2007年5月号
シニアライフエキスポ2007セミナーレポート
 

多彩なセミナーやイベントが満載な「シニアライフエキスポ2007」での村田の講演内容が紹介されました。「あなたの脳は若返る−年を重ねてこそ湧き出る積極的な力−」と題し、年を重ねてもなお、いきいきとした人生を送るための心構え、心がけについて語りました。

日本経済新聞 2007年5月11日号
朝日新聞 2007年5月12日号>

第1回クラブ・アンクラージュフォーラム案内
  来春オープンするカレッジリンク型シニア住宅「クラブ・アンクラージュ御影」の説明会、「第1回クラブ・アンクラージュフォーラム」が開催されます。村田はパネリストとして参加します。
読売新聞 2007年4月19日号
東北大100年 シニア事業に参入
  東北大学では学内の研究成果をもとに、定年退職後のシニア向けビジネスを企画・商品化することを目指した新事業「スマートエイジングプログラム」を始めました。スマートエイジングプログラム推進室を設け、村田が副室長に就任しました。
保険毎日新聞 2007年4月12日号
シニアライフエキスポ2007が開催
  シニア世代がいきいきと安心して生活するための社会を実現するために開催された「シニアライフエキスポ2007」で、村田が講演しました。「あなたの脳は若返る−年を重ねてこそ湧き出る積極的な力−」と題し、後半生をいきいきと過ごす秘けつについて語りました。
週刊ダイヤモンド 2007年4月14日特大号
大学での講座が付いたシニア住宅の狙い
  特集「驚愕の少子高齢化 教育はこう変わる!」でカレッジリンク型シニア住宅「クラブ・アンクラージュ御影」が村田のコメントとともに紹介されました。
日本経済新聞 2007年4月5日号
シニア・ライフ・シンポジウム
  3月14日、東京都大手町・日経ホールにて、日本経済新聞社・日本経済研究センターがAARPと共同で開催した「シニア・ライフ・シンポジウム」に、村田がパネリストとして参加しました。
日本経済新聞 2007年3月24日号
Dankai日本橋アカデミー 卒業フォーラム
  3月12日、マンダリンオリエンタル東京にて開催された「Dankai日本橋アカデミー卒業フォーラム」で、村田が講演しました。「本格化する高齢社会−世界の中の日本と団塊世代への期待−」と題し、日本の取組みが世界に注目されていることについて述べました。
 
日刊ゲンダイ 2007年3月17日号
米国「団塊世代」のセカンドライフ
  団塊世代の定年退職が始まり、何かと話題になっていますが、米国の中高年退職者はどんな暮らし方をしているのでしょうか?米国のシニア層の働き方やリタイア後の過ごし方について、村田がインタビューされました。
月刊シニアビジネスマーケット 2007年3月号
いくつになっても脳は若返る 新刊紹介
  村田の著書『いくつになっても脳は若返る』が書評コーナー「BOOK & MEDIA GUIDE」で紹介されました。
読売新聞 2007年3月8日号
シニア学生獲得戦略
  特集「大学全入時代」で、日本初のカレッジリンク型シニア住宅「クラブ・アンクラージュ御影」が、1月26日に開催したキャンパス体験会の模様とともに紹介されました。
いきいき 2007年4月号
関西大学で日本初の試み カレッジリンク型シニア住宅って?
  日本初のカレッジリンク型シニア住宅「クラブ・アンクラージュ御影」が紹介されました。1月26日に開催したキャンパス体験会で、参加者が模擬ゼミに参加している様子も紹介されています。
日経ネットPlus 2007年2月25日
イエノコミー:ニッポンの家計「成功するシニア起業術(上)」
  日本経済新聞社編集局がつくる会員制の紙面連動サイト 「日経ネットPlus」に村田のコメントが掲載されました。成功するシニア起業術について語っています。
日本経済新聞 2007年2月23日号
「Dankai日本橋アカデミー」卒業フォーラムの開催案内
  2007年3月にスタートした「Dankai日本橋アカデミー」の卒業フォーラムが3月12日にマンダリンオリエンタル東京で開催されます。
堺屋太一氏の講演に続き、講演U「本格化する高齢社会−世界の中の日本と団塊世代への期待−」と題して村田が講演します。
高齢社会ジャーナル 2007年3月号
いくつになっても脳は若返る 書評
  村田の著書『いくつになっても脳は若返る』が書評コーナー「読んでみました」で紹介されました。
日本経済新聞 2007年2月18日号
「Dankai日本橋アカデミー」卒業フォーラムの開催案内
  2007年3月にスタートした「Dankai日本橋アカデミー」の卒業フォーラムが3月12日にマンダリンオリエンタル東京で開催されます。
堺屋太一氏の講演に続き、講演U「本格化する高齢社会−世界の中の日本と団塊世代への期待−」と題して村田が講演します。
朝日放送「NEWSゆう」 2007年2月13日
さあ、今こそレッスン!−生涯学習に熱中するシニア−
  1月26日、関西大学で開催された、カレッジリンク型シニア住宅「クラブ・アンクラージュ御影」の体験会の模様が放映されました。
ビジネスリスクマネジメント 2007年2月号
団塊・シニア市場でブレークスルーするための3つの発想転換
  特集「いよいよはじまる大量定年退職時代 団塊世代をめぐる諸相」に村田が寄稿しました。シニアビジネスの「壁」を突き破るためには、従来のやり方にとらわれない発想転換が必要なことを語っています。
経済界 2007年2月20日号
“スマートシニア” 攻略がカギだ
  特集「どう動く!団塊マーケット」で村田がインタビューされました。インターネットを活用して情報収集をし、積極的に消費行動に移す年配者のことを「スマートシニア」と言います。これからはスマートシニアへの対策が重要なことを語っています。
韓国 2007年2月6日
「団塊・シニアビジネス 7つの発想転換」の韓国語版登場
 

2006年12月、韓国で村田の著書『団塊・シニアビジネス 7つの発想転換』の韓国語版が発売されました。

日本経済新聞 2007年2月4日号
シニア・ライフ・シンポジウム−リタイアメント新創造−案内
  3月14日、東京都大手町・日経ホールにて、日本経済新聞社・日本経済研究センターとAARPの共同で「シニア・ライフ・シンポジウム」が開催されます。村田はパネリストとして参加します。日米を比較し、「2007年問題」を議論します。
THEMIS 2007年2月号
若者・女性からも学べ
  「60歳以降も仕事をしたい人」への心得集
  働くなら、楽しく気持ちよく働きたいものですが、60歳以降の第2、第3の就職ともなると、それが意外と難しいことのようです。会社を出て初めてわかる自分の「本当の評価」から新しい会社でのタブーまで、村田が興味深く語っています。
Between 2007年冬号
若者と高齢者が共に学ぶカレッジリンクで
 「知の拠点」としての大学再生を図る
  ベネッセコーポレーションが大学教員を対象に発行する雑誌で、カレッジリンク型シニア住宅事業について紹介されました。
Between 2007年冬号
COLUMN アメリカのカレッジリンク型シニア住宅事情
  アメリカのカレッジリンク型シニア住宅事情についての村田のインタビュー記事が紹介されました。
 
IDE 2007年1月号
シニアエイジ・フロンティア
カレッジリンク型シニア住宅の創設に向けて
  神戸市御影で進めているプロジェクトのパートナー・関西大学 河田悌一学長による紹介記事です。
テレビ大阪 ニュースBIZ 2007年1月26日
シニア住宅の新サービス
  テレビ大阪で放送中の夕方のニュース番組「ニュースBIZ」で、カレッジリンク型シニア住宅「アンクラージュ御影」の体験会の模様が放映されました。
読売新聞 2007年1月26日号
住宅と教育セット、関大で体験会
高齢者らキャンパス楽しむ
  高齢者向け共同住宅と大学教育を組み合わせた日本初のカレッジリンク型シニア住宅が紹介されました。関西大学で開催された体験会の様子も紹介されています。
週刊朝日 2007年1月19日号
いくつになっても脳は若返る 書評
  村田の著書『いくつになっても脳は若返る』が書評コーナー「話題の新刊紹介」で紹介されました。
朝日新聞 2007年1月6日号
be word 団塊市場 「均質の塊」は幻想だ
  団塊市場についての村田のインタビュー記事が紹介されました。団塊世代は大きな塊という固定観念が強いが、高度成長期と違い今は「均質のマーケット」ではなくなっていると指摘しています。
電通報 2007年1月1日号
解放型ライフスタイル志向
  新年特集「団塊世代60歳 新たな飛翔」に、村田が寄稿しました。07年度以降、団塊世代が求めているのは多様な「解放型ライフスタイル」であり、それを支える様々な「解放型消費」が増えていくと予測しています。
 
ふじみ野市市報 2007年1月号
いくつになっても脳は若返る 書評
  村田の著書『いくつになっても脳は若返る』が「1月のおすすめ図書」で紹介されました。
フィナンシャルジャパン 2007年2月号
団塊レジャーの「目利き術」
 職場や自宅以外にも楽しみを見つけよう
  特集「団塊世代の幸せなお金の使い方」で、村田がインタビューされました。リタイアを間近に控えた団塊世代が余暇を生き生きと楽しむには、どんなサービスを利用したらいいかについて提案しています。
FPジャーナル 2007年1月号
いくつになっても脳は若返る 書評
  村田の著書『いくつになっても脳は若返る』が「情報マーケット」で紹介されました。
GRAN 2007年1・2月号
大学を新たなる活動拠点に日本初の試み
カレッジリンク型シニア住宅
  特集「大人のための学びの旅」のなかで、日本初のカレッジリンク型シニア住宅「アンクラージュ御影」が村田のインタビューとともに紹介されました。
PHPほんとうの時代 2007年1月号
いくつになっても脳は若返る 書評
  村田の著書『いくつになっても脳は若返る』が「新刊案内」で紹介されました。


 トップページへ プロフィール 活動 著書 メッセージ メディア 講演 講演 リンク お問い合わせ
Copyright(C) HIROYUKI Murata  All Rights Reserved.