村田裕之関連  
書評:親が70歳を過ぎたら読む本
   - 相続・認知症・老人ホーム・・・について知っておきたいこと -
 
  シルバー産業新聞 2011年4月10日号
 
 
 

高齢期にさしかかる親を持つ40〜50代の人を対象に、親が病気や要介護状態などになった際に、親子間や親族間で軋轢を起こさず、自身の生活にも過度の経済的・精神的負担をかけずに対処するためのポイントを指南する。

▽数多くある老人ホームや介護施設から、親の住まいとしてどこを選べばよいのか▽ホームから途中退去を迫られたが入居一時金がほどんど返ってこない▽離れて暮らす親の悪徳業者による被害を防ぐには――などから認知症予防まで、筆者の経験も交えて、具体的に示す。

入居後に多い老人ホームでのトラブル対策としては、▽入居前の「重要事項説明書」の確認▽「医療機関との連携」については実態を確認――などを挙げている。


「親が70歳を過ぎたら読む本」はこちら

お問い合わせはこちら

 
 
 
Copyright© Hiroyuki Murata  All Rights Reserved