村田裕之関連  
書評:親が70歳を過ぎたら読む本
   - 相続・認知症・老人ホーム・・・について知っておきたいこと -
 
  西日本新聞 2011年3月25日
 
 
 

著者はシニアビジネスや高齢社会研究の第一人者の大学教授。親の介護や財産相続を迎える現役世代が直面するさまざまな問題への対処法を分かりやすく説明する。  

親が元気なうちにやっておくことは幅広い。老人ホーム選びを失敗しないための情報収集、介護や相続への備え、認知症になった場合に備えて成年後見制度の知識もあれば心強い。個別のテーマで深い知識を記した本は多いが、横断的に取り上げた本はそう多くない。  

子育てをしながら社会で責任ある立場に就く一方、親の介護に直面する40―50代の読者を想定したそうだが、介護される世代の側が子どもに迷惑を掛けないためには何が必要かを知るのにも役立つ内容だ。


「親が70歳を過ぎたら読む本」はこちら

お問い合わせはこちら

 
 
 
Copyright© Hiroyuki Murata  All Rights Reserved