特集 専門家に聞く「団塊市場はこう読み解け」
 
  2010年6月2日 あんしんLife 6月号
 
 
 

市場の「不」を見つけ出し 新しい価値の創造を  

私が日本に紹介した女性専用フィットネスの「カーブス」は、団塊世代の高い支持を受けて拡大を続けていますが、これは中高年女性が従来のフィットネスクラブに抱いていた様々な「不満」を解消して進化したものです。

例えば、男性の汗のついた器具は使いたくない、運動している姿を男性に見られたくない、できるだけ短い時間で済ませたい、といった中高年女性の声を商品に反映し、女性だけで安心して、安く手軽に続けやすい…という新しい価値を創造したのです。  

実はこうした不安、不満、不便など「不」の解消は団塊市場を考えるうえで重要なカギになります。一見飽和して見える市場でも、その周辺には必ず顧客の「不」があります。それを見つけ出し、商品に転換することが大切です。

若者向けの携帯電話の操作不便を解消した「らくらくホン」や脳機能低下の不安を楽しみながら解消できる「脳トレ商品」なども同じ例です。  

もう一つは、「一人でも楽しめる価値」に着目すべきです。これは高級レストランに一人で行きたい、温泉宿に一人で泊まりたいといった需要です。高齢単身世帯の増加だけでなく、夫婦でいても一人の時間を楽しみたいというニーズは今後増えていきます。  

中小企業の強みはトップの決断の早さにあります。その強みを活かし、多様なニーズに合わせてフットワーク良く事業展開していけば、ビジネスチャンスはいくらでもあるでしょう。 。

(本文より抜粋)

 

お問い合わせはこちら

 
 
 
Copyright© Hiroyuki Murata  All Rights Reserved