電通シニア大航海学会 基調講演
 
  電通報 2006年10月9日
 
 
 

電通は9月15日、第16回「シニア大航海学会」を、東京・汐留の電通ホールで開いた。  

第1部は、村田アソシエイツの村田裕之代表が、「『What's Next』−2007年以降の団塊シニアビジネスはどうなるか」と題して基調講演。

同氏は、団塊シニアビジネス市場を「ひとつの固まりのマス・マーケットでなく、多様なミクロ市場が広がっているととらえるべきだ」と前置きし、「年齢的な心理の変化とリタイアによる物理的な時間や組織からの解放が重なることで、消費行動にも変化が発生する。

こういった『解放型消費』が今後のマーケティングの焦点になる」との考え方を示した。  

中高年向けビジネスの成功のヒントとしては、(1)不(不安、不満、不便)の発見者になる(2)誰も取り組んでいない「ニッチ市場」から参入する(3)商品にほれた消費者に語ってもらう(「消費者」から「語り部」に)(4)売れる商品は、消費者につくってもらう(「使い手」から「担い手」へ)を挙げた。  

最後に、「日本の急速な高齢化社会の到来を好機ととらえ、シニアビジネスで日本は世界のリーダーになろう」と呼びかけた。

 

お問い合わせはこちら

 
 
 
Copyright© Hiroyuki Murata  All Rights Reserved