活動
プロフィール 活動 著書 メッセージ メディア 講演 ビジネスレビュー リンク リンク
トップページへ
プロフィール
活動
著書
メッセージ
リンク
お問い合わせ
 
村田裕之の学べるブログ

「スマート・エイジング・プログラム」の提案

東北大学からの要請により、06年4月に産学連携本部下の国際戦略担当特任教授に就任しました。東北大学が国際戦略に本格的に取り組むことになり、国際経験が豊富で国際業務にも精通しているということで、白羽の矢が立ったのです。

06年7月、米国事務所立ち上げ業務に取り組む一方、限られた人材、予算で、最大効果を生み出す差別化戦略を大学に提案しました。それが「スマート・エイジング・プログラム」です。この提案が面白いと評価され、07年3月にスマート・エイジング・プログラム推進室が設置され、副室長に就任しました。このプログラムが、後に現在のスマート・エイジング国際共同研究センター(SAIRC)に発展しました。

私がこのプログラムを提案したのには、二つ理由があります。一つは民間企業では中高年ターゲットのシニアビジネスが非常に活発化してきたが、大学ではそうでもないこと。ましてや、エイジング分野で研究開発と事業化を一気通貫でやっている例は、当時ありませんでした。

もう一つは、意外だったのですが、日本という国は実は高齢化という尺度ではフロントランナーとして世界中から注目されていることです。日本というのは良くも悪しくも高齢社会の近未来のショーケースだと見られています。ところが、日本独自の高齢社会対応策(商品、サービスなど)がなかなか情報発信されておらず、海外でほとんど知られていないことを感じていました。

したがって、エイジングをテーマに研究開発から事業化までイニシアチブを取って、国内外に情報発信を強化すれば、他の大学に対する差別化になる。そう考えて「スマート・エイジング・プログラム」を提案したのです。


 トップページへ プロフィール 活動 著書 メッセージ メディア 講演 講演 リンク お問い合わせ
Copyright(C) HIROYUKI Murata  All Rights Reserved.